ハイブリッドコンサルタント

2015年6月26日金曜日

【雑記】「第2回若手中小企業診断士シンポジウム」に参加しました partⅡ

さて、「第2回若手中小企業診断士シンポジウム」の後半戦です。
後半の分科会セッションは「クラウドファンディングが実現する経営革新」に参加して、READYFOR株式会社の米良はるか代表のお話しをうかがいました。






クラウドファンディングについては、以前も記事を書いたことがあります。
投資はお洒落で知的でかっこいい社会貢献だ!~新しい資金調達先としてのクラウドファンディングの可能性

クラウドファンディングについては興味があり、ある程度の知識は持ち合わせていたるつもりでした。しかし、リアルに最前線にいる方のお話しを聞くのは違うと思いました。「ああ、そうだったのか」と思うことが多々ありました。

いままでの日本で、なにか事を起こそうと思えば、「資金調達」という壁が存在しました。金融機関からの融資か、行政からの助成金、どちらかに頼るしかなかったからです。ただこのふたつ、それなりに壁があります。容易に資金が調達できるわけではありません。

助成金・補助金の多くは、先に立替払いが発生します。事業が動いたことを検査・確認したあとでないと入金されません。架空請求を避けるために当然のことではあるのでしょうか、ある程度、体力がないと助成金も申請できないということになります。(創業補助金など、そうでないものをもちろんあります。)

資金が用意できない、続かないという理由で、創業や新規事業をあきらめてしまう例は多々見られます。その隙間を埋めるためにクラウドファンディングは有効は手段になり得るのではないか、と思っています。

また、法人でないと融資も助成金も受けづらい部分があります。個人でなにかプロジェクトを起こしたいという時の資金調達に、クラウドファンディングはかなり有効性を発揮するのではないか、というのが現在の僕の感想です。

もちろん、問題もあります。クラウドファンディングを根づかせるために解決しないといけない課題はいくつもあるでしょう。しかし、過度にマイナスに目を向けるより、どうすればマイナスを減らし、より良くなるかを考えるほうが未来志向です。

また、そこに診断士が関わる余地があると思います。まだまだ漠然としたアイデアですが、いろいろな方と意見を交わし、これから進め方、関わり方を考えていきたいと思います。

そのためのいいきっかけになりました。

                   


終了後の懇親会でも楽しく飲ませていただきました。パーティでは普段ほとんど食べないのですが、今回はローストビーフ(だけは)かなりいただきました(笑) 400名からの診断士が集まって、壮観でした。紹介いただいた方も多く、今後につなげていこうと思います。

最後は、委員のみなさんの打ち上げに混ぜていただき、最後まで飲み会を楽しませていただきました。来年は名古屋開催だそうですが、ひつまぶしと名古屋コーチンを食べに行こうと思います。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2015年6月23日火曜日

【雑記】「第2回若手中小企業診断士シンポジウム」に参加しました partⅠ

6月13日の午後、「第2回若手中小企業診断士シンポジウム」に参加してきました。 400名近くの診断士が集まる一大イベントですが、診断士協会の主催ではありません。東京都協会の会長は来賓でいらっしゃっていましたが、運営は有志で(しかもその多くが企業内診断士)行っていました。






かつて、100名規模のイベントは主催したことはあります。学生の頃は300名規模の合宿の幹事をしたこともあります。ですから、うっすらとですが、運営に関わった方々の大変さは想像できます。もちろん、規模からいっても、仕事のかたわら準部することも、僕の経験とは比べものにならないくらい大変なことだと思います。それだけに、実行委員・運営委員のみなさんの尽力には頭が下がります。本当に素晴らしいオペレーションだったと思います。

さてシンポジウムの内容ですが、 諸般事情で、基調講演の川口淳一郎教授(小惑星探査機はやぶさ プロジェクトマネージャー)のお話しをうかがえなかったのは心残りではあるのですが、その分、その後の分科会セッションに集中させてもらいました。

前半は、 「テクノロジーで地方を元気に 東北から生まれる新しいビジネスの形」ということでGoogleの松岡さんから「イノベーション東北」のお話しをうかがいました。

「イノベーション東北」とは、ざっくりといえば、Googleが中心になって、東北の企業とそれを支援しようとする人をマッチングするプラットホームです。あくまでざっくりといえば、ということです。

東北の被災地で問題になっていることの多くは、実は元からあったことです。震災によって顕在化されただけで、震災だけが原因ということは少ないとと思います。昔、東北で仕事をしていたことのある僕はそう感じていました。ですから「復興支援」という言葉はあまり好きではありません。震災直後の、緊急支援はそうあるべきでしょうが、そして今でも「復興」させないといけない地域が残っていると思いますが。多くはすでに、元に戻せばいいという段階を超えてきていると思います。復興支援ではなく新しい未来を作る、そんな気持ちで関わらないといけないと思っていました。

「イノベーション東北」はまさに未来を作る、未来を担うことを標榜しています。僕自身、こうした取組み賛同しています。

といいつつ、サポーター登録してはや1年、登録しただけで具体的な活動はなにもしていません。さまざまなプロジェクトが動いています。診断士に求められる役割もあらためてわかったように思います。

今年は必ず動きます。僕のキャリアのほとんどは東北に育ててもらったと思っていますから、恩返しの意味でも形にしていきたい。



PS
後半は、 「クラウドファンディングが実現する経営革新」ということでREADYFOR株式会社の米良はるかさんのお話しをうかがいました。この件については次の記事で。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ